前へ
次へ

食で体調をコントロールする方法

体調が悪いとき、現代人はすぐに医者や薬に頼ってしまいがちです。もちろんしかるべき診断を受けて治療するのは大切ですが、普段の生活をないがしろにしておいて医療に頼るのではよくありません。まずは食で体調をコントロールしましょう。例えば胃腸の調子が悪い場合、ストレスや病気でなければ食べすぎや飲み過ぎでしょう。こういう場合、まず絶食してみるのがおすすめです。白湯などで水分を摂り、固形物を食べずに胃腸を休めてみるのです。また、風邪気味のときには生姜やネギをたっぷり入れたうどんや雑炊を食べる、なども効果的です。体を温め、汁気で水分も摂れます。あとは、口内炎ができているときにはビタミンが足りない、などとも言われますので、果物をいつもより増やしてみるのもいいでしょう。言われてみればどれも意外と無意識でやっているのではないでしょうか。できれば、体調を崩す前から体の変化に気をつけ、体が欲しているものを摂るようにしたいところです。

Page Top