前へ
次へ

アスリートや受験生のための勝負飯

アスリートや受験生の献立など、コンディションを整えるための食事というのは気を使います。例えば「明日は受験」という日には、ゲンを担いでカツ丼、などというのも冗談で言ったりします。しかし実際はカツ丼などだと重いので、緊張気味の胃腸に負担をかけてしまいがちです。もちろん豚肉のビタミンやタンパク質は良質なので、別の食べ方をしたり別の日にカツ丼でゲンを担ぐといいでしょう。大事な日の前日には第一に消化の良いものがおすすめです。そして、あまり変わったものを食べると却って緊張感が増してしまうので食べ慣れたものが良いようです。トップアスリートなどになると、ここ一番には焼肉など好きなものを食べて馬力を出す、という人もいます。長距離を走る駅伝の選手でさえ、試合の日の朝食にうなぎをがっつり食べるという人もいるそうです。ただこれは、普通のメンタルの人には真似は難しいでしょう。普段通りの献立で腹八分を心がけましょう。

Page Top